野菜とコレステロールの関係とは?

コレステロールと野菜の関係とは?

 

コレステロールが高いと気になっていませんか?普段の食生活が乱れていると脂質ばかり食べているとどんどん脂質が多くなりコレステロール値や中性脂肪値が高くなってしまいます。

 

そこで、食生活を改善する事が大切です。そこで、注目したいのが野菜です。野菜は、食物繊維や抗酸化成分が豊富です。

 

それが、コレステロール対策になるので積極的に摂取していきたい成分でもあります。そんな野菜とコレステロールの関係について解説していきます。

 

食物繊維がコレステロールを下げる

食物繊維が非常に重要な成分だという事はもう既に知っている人も多いと思います。前は、身体にとって不要な成分と言われていましたが、間違っていたわけです。この食物繊維がコレステロール対策になんでなるのでしょうか?

 

食物繊維が十二指腸に入ると、コレステロールを包み込んでいる胆汁酸に吸着してそのまま便として排出する事が出来ます。食物繊維によって排出された胆汁酸は、体内で補う必要が出てきます。

 

胆汁酸は、肝臓で作られるのですがコレステロールを原料に産生されます。つまり、血液中のコレステロールを利用する事になるのでコレステロールを下げる事ができるわけです。

 

食物繊維は、胆汁酸だけでなく食成分中に含まれているコレステロールそのものにも吸着して大敗に排出する事が出来ます。結果的に、小腸から吸収されるコレステロールの量を抑える事が出来ます。

 

また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維2種類がありますがコレステロールを減らす作用が強いのは水溶性食物繊維です。

 

ですが、偏って水溶性食物繊維だけを摂取するのではなくバランスよく食物繊維をとる事が大切です。

コレステロールの酸化を防ぐ

野菜には、抗酸化作用が含む成分が豊富に含まれています。例えば、赤ピーマンやにんじんの赤色には酸化防止の成分が多いです。

 

赤い色の鮮やかな糸には、β-カロテン、リコピン、カプサイシンなどの成分に由来しています。にんじんのオレンジ色にもβ-カロテンによる物です。成分は、カロテノイドの一種で強い抗酸化力が特徴なんです。

 

このβカロテンは体内に入ると肝臓に蓄えられて必要なときにビタミンAに変わります。このビタミンA体内で活性酸素を除去して、その結果脂質異常症や動脈硬化を改善する効果があると言われています。

 

このように活性酸素を除去する事で血中コレステロールの酸化を防ぐ事が出来ます。コレステロールが酸化してしまうと酸化コレステロールになってしまい動脈硬化が進む原因になっています。

 

血管壁に入った悪玉コレステロールが酸化するとマクロファージがそれを食べて太ります。それが血管壁を押し上げてしまい血流を悪くしてしまいます。

海藻類もコレステロール対策にお勧め

食物繊維とミネラルが多いのが海藻類です。昆布やわかめ、ひじきなどの海藻類には、ミネラルが豊富に含まれていて、カルシウム、リン、亜鉛、ヨウ素がたっぷりと含まれています。

 

コレステロールを下げる働きがあると言われているのは、昆布やわかめに含まれ散るアルギン酸です。この成分は、水溶性食物繊維で、先ほどの水溶性食物繊維と同じような働きを持っています。

 

また、フコイダンという食物繊維が含まれていて腸管内の余分なコレステロールにくっついて便と一緒に排出するような働きがあります。血液のドロドロ状態がサラサラ血液へとサポートしてくれますよ!

 

海藻類は、本当に栄養が豊富なので積極的に食べていくといいですよ!特に、食物繊維は絶対に食べた方がいいと思います。

 

コレステロールが気になる方の野菜ジュース