青魚の脂肪酸がコレステロールを下げる?

青魚はコレステロール対策にお勧め

 

コレステロールが気になる方にお勧めの成分が青魚に多く含まれています。それは、脂肪酸であるDHAとEPAです。この2つの脂肪酸には血液をサラサラにする働きがあると言われています。

 

このDHAとEPAは、1日に1000mg以上の摂取量が厚生労働省よりも推奨されています。しかし、ほとんどの日本人がこれを満たしていません。

 

以前は、、魚を食べている方が多かったのですが食の欧米化になり肉類を食べる方が多くなりました。肉類は脂質も多くファーストフードも脂質が多いです。

 

そのため、コレステロール値が高いという人が多くなったのではないかと思います。そんなコレステロールが気になる方は、この2つの脂肪酸を摂取する事と働きについて理解しておきましょう!

 

DHAとEPAの働きとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含むのが青魚です。この2つは、多価不飽和脂肪酸に属していて、動物性脂肪酸が常温で固まりやすいのに対して常温で固まりにくい性質を持っています。

 

この2つの脂肪酸は、血液をサラサラにする成分と言われていてドロドロの血液で困っている人は積極的に摂ってみるといいと思います。そんな血液サラサラ成分の働きについてみていきましょう!

 

EPAとDHAは、血液中の中性脂肪を減らして、善玉コレステロールを増やし絵、血栓の形成を防ぐ働きがあります。このような働きがあるから血液サラサラ成分と言われているわけです。

 

また、それぞれで違う働きがあります。EPAは血管の健康面で注目されていてDHAは脳の健康のために注目されています。それぞれの働きについてみていきます。

 

EPAは,アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーの改善などです。IPAとも呼ばれていて呼び方が変わってくるかもしれません。

 

DHAは、脳細胞や目の網膜などに存在して神経系などの役割を担っているとか?よく言われているのが記憶力の低下や認知症の予防で注目されている成分ですね。

DHAとEPAの摂取方法

DHAとEPAは、青魚に豊富に含まれています。どんな魚に含まれているのでしょうか?DHAは、ぶり、さば、さんま、あじ、さわりです。EPAは、まいわし、さば、ぶり、あじ、さんまです。

 

私は、これらの青魚は好きなので全然平気で、刺身でよく食べています。ただ、中には青魚が嫌いな方も多いのでそんなときはどうしたらいいのか?

 

焼き魚などの場合は、調理のときの熱で脂肪酸が破壊されてしまうという事もおあるようでしっかりと栄養が摂取できないという理由もありさしみなどで食べるのが良いと言われています。

 

生魚が苦手な人は、サプリメントで補給してみるのもいいと思いますよ!DHAとEPAのサプリメントでの摂取での注意を紹介しておきます。

サプリメントで効率的に摂取

生魚や青魚が嫌いな人にとっては、DHAとEPAサプリメントで摂取するのも1つの手段です。サプリメントで600mg程度摂取できれば普段の食事と合わせて1日の摂取量は補えると思います。

 

しかし、1つ注意しておきたいのがこの脂肪酸が棚井に入ると酸化されやすいです。酸化してしまうと自分自身も酸化物になる恐れがあり余計に酸化して老化を進める場合があるので注意が必要です。

 

サプリメントを摂取する場合は、抗酸化物質が含まれている成分と一緒にとるのが必須です。アスタキサチンなどの抗酸化力に優れている物がお勧めです。

 

これは、サプリメントだけでなく普通に食べるときにも注意が必要です。新鮮な内に食べて一緒に野菜などもたべて酸化しないようにする事が大切です。

 

コレステロールが気になる人の青汁対策