赤ワインのポリフェノールの効果で酸化を防ぐ

 

コレステロールが気になる方にお勧めの成分が青魚に多く含まれています。それは、脂肪酸であるDHAとEPAです。この2つの脂肪酸には血液をサラサラにする働きがあると言われています。

 

このDHAとEPAは、1日に1000mg以上の摂取量が厚生労働省よりも推奨されています。しかし、ほとんどの日本人がこれを満たしていません。

 

以前は、、魚を食べている方が多かったのですが食の欧米化になり肉類を食べる方が多くなりました。肉類は脂質も多くファーストフードも脂質が多いです。

 

そのため、コレステロール値が高いという人が多くなったのではないかと思います。そんなコレステロールが気になる方は、この2つの脂肪酸を摂取する事と働きについて理解しておきましょう!